25
9月

仕事をしていて、遊びや旅行も楽しくて、結婚なんてまだまだ…と思っていたら、気が付くと、35歳を過ぎていました。
付き合っていた彼とは20年位の付き合い。もう、慣れ合いで、結婚なんて忘れていました。
それまで、妊娠してしまったら…と、心配もなく過ごしてきました。
しかし、35歳も過ぎると、高齢出産との思いだけが頭の中に。
回りも、バブル世代と言う事もあり、結婚していない友人も多く、あせりもなかったのですが、このままでは、出産で苦労するのではと、思いだしました。
彼とも相談し、妊娠計画。
まあ、健康だし、何の問題も無くすぐに妊娠すると思い込んでいました。
ところが、妊娠の傾向がなかなかなく、ちょっと心配に。
妊娠に対して、甘かったと、気づかされました。
ネットで、妊娠について調べてみたり、本を読んでみたり。
36歳になってしまい、焦りも出てきました。
そんな矢先、検査薬で調べたところ、妊娠が分かり、すぐに産婦人科へ。
正式に妊娠と伝えられ、喜びと安堵感。
彼にもすぐに伝え、喜びと同時に、結婚していなかった事を思い出し、誰からも反対されていた訳も無いし、むしろせかされていた事もあったので、すぐに入籍。
それから、11カ月近くの妊娠期間。

コメントは受け付けていません。
24
9月

顔見知り程度の知り合いの話ですが、奥さんが妊娠中だったのですが、かなりの早産だったらしく、予定日より3ヶ月だか4ヶ月だか早く生まれてきたんだそうです。

ビックリしました!
そんなに早くてその赤ちゃん一体どうなってしまったの?!

と思ったのですが、超未熟児のようですが、きちんとがんばって生きてくれているんだそうです。

体重は1キロにも満たない本当に小さな赤ちゃんだったとか。
集中治療室?のようなところに赤ちゃんは入っていて、面会時間も限られていて、ご本人が想像していた産後の生活とは全く違うものになってしまったようです。

でも生きてくれているのが本当にすごいことだなと。
そして、健康に産まれてくるということがどんなに奇跡的なことなのか、と考えさせられました。

妊娠することも奇跡ですし、無事に生まれることも奇跡。

なんだかすごいですよね。
その小さな小さな赤ちゃんも無事にすくすく育って早く退院して、おうちで過ごせるようになるといいなと思います。

コメントは受け付けていません。
09
9月

私が子供を産んだ産婦人科は個人病院ではないけれど、総合病院でも市立病院でもない規模のところでした。院長先生のほかに二人の先生が居て三人で回しています。診察室1が予約外、診察室2が予約の人と決まっているのですが、曜日ごとににも決まっているので好きな先生が居る人はそれに合わせて通院できます。

診察自体も必ず内診があったので当たり前と思っていたら、後半の周期になるまで全くやらなかったという話も聞きました。毎回エコー写真もくれました。ある指定時期になると4Dのエコーも無料で見せてくれます。そのときは家族や親族の同室もOKでした。有料ですがDVDに録画しいてくれ希望すれば買えます。

表向きには、看板などには一切ないのですが、小児科もやっているのです。小さな一室で、出産した子供だけらしいのですが。実は一人目のときは全く気付きませんでした。もちろん一週間検診や一ヶ月検診などでお世話にはなっていましたが、木曜以外は予防接種や普通の風邪症状でも予約で受けられるとのこと。二人目の子供はこちらでいまだにお世話になっています。

コメントは受け付けていません。
08
8月

妊娠8か月、そろそろ赤ちゃんも大きくなってお腹の中が窮屈になってくるころ…うちの子はころんと逆子になってしまいました。
どうして今まで何の異常もなく順調にきていたのに!?
逆子体操とやらを教えてもらい、実践してみるも…もどらない。
そりゃそうですよね、もう身動きとれなくなる時期なんですから。くるんと回る確率の低さ、この子は案の定・・・最後までかたくなに逆子でした。

「逆子以外、とても順調ですよ~」

先生、それはフォローになっているのですか。
…ですが仕方ありません。逆子がいいとこの子は言っているのだから、こっちの方がいいんだろうと腹に決め、帝王切開です。

旦那「え?切腹?切腹するの?」
誰が切腹か!
と、笑って言っていましたが、旦那も当日はおとなしいものでした。

帝王切開でよかったのは日取りがきまっていたことですね。おかげで家族がわらわらと押し寄せました。先生すらびっくりです。

逆子だろうと帝王切開だろうとこんなに大勢で祝福されて、よかったなと思います。
普通分娩だろうとそうじゃなかろうと変わらず幸せもんです。

そうそう、私は葉酸サプリ飲んでいなかったんですが、葉酸サプリは飲んだ方が良かったのかな?今から飲み始めてもいいものなのでしょうか?よく分かっていないので、知っている人いたら教えて下さい^^

コメントは受け付けていません。
20
7月

妊娠をするとお腹に負担がかからないように細心の注意をはかりながらゆっくり動くようになりますよね。
それに加えて、周りの人たちも気を使ってくれて極力妊婦さんが動かなくてもいいように手助けをしてくれるので自分で考えている以上にからだのあちこちの筋肉は衰え切っていきます。

ですが、お産では赤ちゃんを外に出して上げるために思い切り力む筋力が必要ですし、長い陣痛に耐えるだけの体力も必要になります。
ですから、少しでも筋力の衰えを軽減させるために、無理のない範囲で運動をしなくてはいけないのです。

もちろん人によってはお医者さんから絶対安静と言われている方もいるので、そういう場合は決して無理をしてはいけませんが、そうでない限りは一日2〜3時間、休み休みで良いので散歩をしてみたり、マタニティヨガやスクワットをしておくと後々、お産の時に辛さを軽減できるかもしれないのです。私も安定期に入った頃から毎日気分転換も兼ねて、子どもが生まれたら一緒に散歩したい道を歩いていました。

コメントは受け付けていません。
07
6月

児童館に行って、男女のきょうだいを連れているお母さんを見ると「うまくやったなぁ」と思ってしまいます。
現在男児の母ですが、次は出来れば女の子を希望しています。もちろん息子も愛しているのですが、可愛い格好や女の子限定のイベントも楽しみたい!と産み分けの情報をネットで調べたりしています。
今気になるのは「ピンクゼリー・ブルーゼリー」の使用です。
膣内の環境をアルカリ性や酸性にゼリーで調整することで産み分けの確立が上がる・・・かも。と書かれていました。
主人にもこの製品について話してみたのですが、次も男の子が欲しい主人の反応は微妙でした。
とりあえず、排卵日より前に家族計画をして、排卵予定日後は行わない。というのが我が家の現在の方針です。これだとそもそも妊娠するか微妙なところですよね。
5人のイトコが全員女の子の中で息子が唯一の男の子なので、女の子のほうが簡単に生まれてきそうなのですが、私自身は女の子を産める自身?がありません。
息子の時も性別が分かる前から男の子だとなんとなく確信していました。
もちろん同性兄弟の利点も沢山あるので、二人目が男の子でもきっと楽しいと思うのですが、やっぱり女の子が欲しいよー。
とりあえず主人と一緒に妊娠前から葉酸サプリで栄養バランスを良くして、妊娠しやすくしたり元気な赤ちゃんが産まれるように準備したいと思います。

コメントは受け付けていません。
25
4月

今妊娠中期であれば、食事で葉酸摂取、でもいいかもしれません。妊娠前の時期から葉酸サプリメントを始めた方は授乳しているときも摂っている方が結構いらっしゃるようです。
貧血とか抜け毛の目立つ方・血色不良の方・生理前にはイラついてしまう方、こういった女の人ならではの問題がある人、葉酸サプリをぜひ続けてみるというのも一考でしょう。
葉酸サプリを摂取している方が、効能として生理になると来るイライラ感が消えたという投稿を見ました。これなら女性には何よりも嬉しくなることですね。
2人の子を持つ母親ですが、妊娠初期の頃から葉酸サプリメントというものを続けていました。ネイチャーメイドなどを薬局で探して購入したものです。心配になることもなく、子供もちゃんと元気いっぱいです。
胎児の脳・脊髄、重要な器官は妊娠初期に当たる時期に形成、出来上がっていきます。この時期に葉酸が必須となります。従って、その前から葉酸サプリを用意するべきなのです。
私については一人目も二人目も妊娠初期の段階から妊娠中期は、補助的に葉酸サプリメントを利用していましたが、調子が悪いどころか元気が良すぎてしまうような状態です。
日本以外の国では妊娠したあとの葉酸サプリメントは保険が適用され買うことができる場所もあり、日本と見比べるとうんと進歩しているのが実態です。
妊娠初期の期間葉酸という栄養分が欠乏することで、先天的に神経系統に障害を持った赤ちゃんの出産となってしまう。その予防として、上手に摂っていくのにはやはり葉酸サプリメントですが、普段の食事が土台なのです。

コメントは受け付けていません。
25
4月

葉酸サプリというサプリは、妊娠中期より先は続けなくてもいいのですか?というようなご質問もございますが、授乳期になっても必要な栄養成分で、妊婦さんのほとんどが満足に摂れていないので補う必要があります。
クリニックや産婦人科にいっても葉酸を補うために葉酸サプリの利用をするのを推しています。妊娠初期から妊娠後期、授乳期という長い間取り入れられるのも利点でしょう。
妊娠を望む女性の皆さんに栄養補助食品の葉酸サプリメントが必要と言われている根拠は、厚生労働省によってまとめ発表された「神経管閉鎖障害の発症リスク低減」という呼びかけにあるのです。
サプリメントや栄養補助食品が重視されているわけは、日常の食事からは葉酸をちゃんと摂ることはありえないという現実があって、もう海外では日本より10年近く前から改善に着手しています。
お腹の赤ちゃんの重要な器官、神経系などが盛んに作られていくのが期間的に妊娠初期から妊娠中期頃まで。であるからまさにその間にきちんと葉酸サプリを摂っていると、リラックスして赤ちゃんが育っていくのを見つめることができるのです。
葉酸と言う栄養素は妊娠する前から摂るのがお奨めです。また生理中であっても妊娠する場合が考えられるので、生理の時でも葉酸を補うのが絶対によいです。
妊婦さん必須のビタミンとしても有名なこの葉酸サプリ、生理前にできやすい口内炎など困ったことにも効く他、女性に多い症状を緩和する働きを期待できます。

コメントは受け付けていません。
25
4月

葉酸が必須とされる時期は「妊娠の少なくともひと月前から」となっています。ですから妊娠を想定している女性なら、日常的に葉酸サプリメントを摂るのは重要です。
男の人においては葉酸サプリメントというものを補っていくことで精子に起こる奇形、染色体異数性が減るという効能が、米国で行われた研究から認められるようになってきました。
葉酸が必要であると言うことは母子手帳のページにも書かれています。妊娠初期の頃にこの葉酸サプリを必要なだけ摂ればおなかの胎児が先天異常を持つ可能性を引き下げるといわれているのです。
葉酸を食事によって補給していくのか、サプリメントなどの栄養補助食品から取り入れるのかにより、結局相対生体利用率というものが結構差が生まれてしまいます。
近頃の研究によれば女性だけでなく男の人にも効力があることが判明してきました。男の人のケースだと葉酸サプリメントを補うと本人の精子に関わってきて染色体異常のリスクを下げるとなっています。
この9月から葉酸サプリを愛用していますが、生理のリズムが安定せず、生理が近づくとイライラ、下腹部の張り、胸の張りなどの症状が出ていたのだけど、きれいに起きなくなりました。
妊娠中期に突入してどうやってみても、栄養バランスよい食事を摂ることが難しいなら、ミネラル・ビタミンなども入っている葉酸サプリを上手に利用してカバーするのが良いと思います
妊娠中期の後、葉酸サプリを摂り続けてもよいのかと心配になるかもしれませんが、だいたいは大丈夫です。なにしろ葉酸というのはお腹の赤ちゃんにとってだけ重要な栄養ではないのです。

コメントは受け付けていません。
25
4月

妊娠初期より妊娠中期の時期母体に葉酸が欠乏する事が起こると、神経系の障害が発生してしまう心配があります。前もって葉酸サプリを始めておけば問題ありませんよ。
ここ数年の研究結果により女性だけでなく男の人にも効能が期待されると認められてきました。男性では葉酸サプリメントを補うと本人の精子への効果があり染色体異常というものを少なくするとなっています。
生理中の女性はほぼ血液が不足しがちになるものですから、葉酸サプリメントを飲むことにより生理通を和らげるようにもなります。貧血の対策としてもお奨めです。
妊娠している方が日々の食事のみで葉酸を摂取していくというのは結構困難でありますから、7ヶ月の妊娠中期頃までは葉酸サプリメントを使って摂取する生活を続けることをぜひやってみてください。
特に初期は妊娠していることで体の不調を感じやすい期間です。葉酸サプリから足りない栄養を補充しておきましょう。妊娠中期~出産・授乳期も大切な栄養成分です。
これは栄養補助食品としてのサプリメントであり治療薬とは違うので重要な妊娠初期は他の妊娠していない人たちより意識して葉酸を補うようにしたほうがいいということであります。必要な分を摂ることが要です。
妊娠初期においてまず大切な栄養素なのは、葉酸だといわれます。しっかり補給するには葉酸サプリメントが最適です。1日0.4mgを摂ることを続けましょう。
妊娠前より妊娠初期の頃までは0.4mgは摂るようにすることが大事と言われています。普段の食事だけで葉酸が0.2mg補うことができないような場合は、サプリメントを活用するのがいいのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。